アガリクスで生涯健康を掲る|きのこパワーが炸裂!

女の人

食材の性質ととろみ

グリーンスムージー

食材の性質を知ること

生野菜やフルーツを多く摂取できるスムージーですが、知っておいた方が良いこともあります。それは食材の性質です。例えば、栄養価が高いとして知られているニンジンは、アスコルビナーゼという酵素が含まれています。この酵素は美容に欠かせないビタミンCを壊してしまいます。そのままスムージーとして使ってしまうと、せっかくの他の素材に含まれているビタミンCを損なうわけです。ただし、アスコルビナーゼは熱や酸によって、その効果を失います。ニンジンだけは電子レンジで温めるか、もしくはレモン汁などで和えてから使うとビタミンCを損なわずに済みます。このように、食材の性質を知ることでスムージーの効果をより高めることができます。

とろみは腹持ちに最適

先ほど述べた通り、スムージーは生野菜やフルーツを使います。そのため、野菜ジュースとは違う『とろみ』が出てくるのが特徴です。加熱するとそのとろみが失われてしまいます。このとろみは、置き換えダイエットなどをするときに非常に良い効果をもたらします。なぜならば、消化を穏やかにする性質があるからです。つまり、消化に時間がかかるため腹持ちがするわけです。加熱された食べ物は、消化吸収がスピーディーであるため、すぐに胃が空っぽになり空腹を感じてしまいます。それが食べ過ぎの原因にもなります。しかし、腹持ちの良いスムージーならば、空腹を感じる時間が減るため、その分食欲と戦わずに済みますし、食べ過ぎの予防にもなります。